次へ

堺の秋祭りご案内

 9月に入れば各町内には提灯に灯がともされお祭り気分が盛り上がる。堺の各神社で秋季大例祭が斎行される。「石山の秋の月、月にむら雲、花に風、風の便りは阿波の島、縞の財布に五両十両、ゴロゴロなるのはなんじゃいな、地震、雷、火事、おやじ、ベ―ラベ―ラベラショイナ」と威勢のいい掛け声で若衆達が舁ぎ出る、ふとん太鼓、地車(だんじり)は勇壮華麗である。ふとん太鼓は堺が発祥の地とされ、古くは1830年頃遡る。
 各神社祭礼日
【開口神社】(大寺さん)
堺区甲斐町東2―1―29
9月7日㈮
午後1時 渡御順路お祓い
午後4時30分 宵宮祭
午後5時45分 
物故総代霊名簿奉安
ふとん太鼓宮入
午後6時 山之口商店街 パレ―ド
午後7時40分~8時15分 大南戸川
午後8時15分~8時50分 新在家濱
午後8時50分~9時25分 芦原濱
午後9時25分~10時 
大甲濱
9月8日㈯
午前10時 ふとん太鼓宮出
午後1時30分 渡御祭
午後2時 渡御出発
午後3時 子供神輿舁ぎ出し
午後6時30分 還御祭
ふとん太鼓宮入
午後9時30分~9時35分 芦原濱
午後9時35分~9時40分 大甲濱
午後9時40分~9時45分 大南戸川
午後9時45分~9時50分 新在家濱
9月12日㈬
午前10時 例大祭
9月13日㈭
午前10時 田実神事
【菅原神社】(大神さん)
堺区戎之町東2―1―38
9月7日㈮
午後2時 宵宮祭
午後4時 子供神輿
午後6時 奉納河内音頭
午後8時 ふとん太鼓宮入
午後8時 北戸川
午後9時 海船濱
9月8日㈯
午前中 ふとん太鼓宮出
午後1時 例大祭
渡御旅所祭(七道ケ濱、北波止の御旅所)
午後7時 奉納河内音頭
午後8時 ふとん太鼓宮入
午後8時 海船濱
午後11時 田実祭
9月15日㈭
午前10時 宮出
午前11時 田実祭 
【船待神社】(湊の天神さん)
堺区西湊町1―2―18
9月14日㈮ 宵宮
紀州街道を3台のふとん太鼓がパレ―ド後船待神社に宮入
午後7時20分 出島
午後7時30分 東湊
午後7時50分 西湊
9月15日㈯ 本宮、宮出
午後1時 西湊
午後1時15分 東湊
午後1時30分 出島
午後4時 子供獅子踊パレード
午後7時~9時25分 練り合い開始、御陵通、紀州街道入り後宮入
9月16日㈰ 後宮
宮出後、各町内を巡行
【神明神社】(堺のお伊勢さん)
堺区栄橋2―1―22
9月17日㈰ 秋季例大祭
【方違神社】
堺区北三国ヶ丘町2―2―1
9月15日㈮
午後8時30分 ふとん太鼓宮入
9月16日㈯
午後8時30分 宮入
9月17日㈰
午後12時30分 宮出
【百舌鳥八幡宮】
北区百舌鳥赤畑町5―706
9月22日㈯
ふとん太鼓宮入
午前11時~12時 赤畑町
午後12時10分~1時10分 子供太鼓連合(8台)
午後1時20分~2時20分 陵南町
午後2時30分~3時30分 梅北町
午後3時40分~4時40分 本町
午後4時50分~5時50分 中百舌鳥町
午後6時~7時 土塔町
午後7時10分~8時10分 土師町
午後8時20分~9時20分 西之町
午後9時30分~10時30分 梅町
9月23日㈰
ふとん太鼓宮出
午前9時30分~11時 
子供太鼓連合(9台)
午前11時5分~11時35分 稚児行事
午後11時40分~12時40分 赤畑町
午後12時50分~1時50分 中百舌鳥町
午後2時~3時 西之町
午後3時10分~4時10分 土塔町
午後4時20分~5時20分 梅町
午後5時30分~6時30分 土師町
午後6時40分~7時40分 本町
午後7時50分~8時50分 陵南町
午後9時~10時 梅北町

※日程、時間などは変更になる場合があります


“内川橋より”
堺 町並み スケッチ(223)
野 村 亜紀子 

大仙公園
野 村 亜紀子
 南海本線前から内川を北へたどると錦之町西に内川橋が有る。川はここで無くなり橋の北側がこの景色となる。歩いてみると木影が涼しく静かな世界となります。見上げる建物が遠くひとりの時間がゆったりと流れ日常的で無い気分が心よい。週に二、三回球技をし車で走り回っているなどで行動的と思われているが、ひとりで旅行をした事が無い。ひとり旅の気楽さが良いという人もいますが、感動や、喜びを共有する事が楽しいので、若い頃は誘われるまま国内・外へ出かけ、初対面の方々との交流も楽しみのひとつでした。最近時間的余裕も有るのでひとりで出かけようなどと思うが、車で出かけたいので駐車場の心配などしている内に気持ちが萎えて、結局行かない事になってしまう。意外と心配性なのです。
 人とのかかわりが元気になると気付いた15年前位の頃、二・三団体に入り知人を多くしたが、年々、病や、亡くなられた事で知人を失くし、命を考えずにはいられない。開き直って少し我がままに自分らしく生きてみるか!と実行している今日この頃なのです。

産婦人科医の臨床メモ (7)

人工妊娠中絶について⑷

淵レディースクリニック 院長 淵 勲
(元近畿大学医学部特任教授)

 症例2は数年前の症例で、奈良県内で病院を経営している友人からで、彼も公的病院から紹介された症例である。
 ラミナリアを挿入したいが、ゾンデすら入らないのでまず診察してくださいとの事でした。18歳の初妊の方だが、今回は結婚前なので中絶したいと言う。経腹と経膣の超音波検査を行い、慎重に内診をした。ゾンデをゆっくり挿入したらうまく入った。超極細のラミナリアを1本挿入できた。
 奈良に帰って、明日ラミナリアを2本使用した方が安全だと電話した。そうしたら、そのまま私の医院で行ってくれと言うので引き受けた。次の朝、へガールの拡張器を用意しておき、極細の胎盤鉗子を用いてゆっくりと手術をすすめた。術後経膣超音波検査を行ったところ、数個の筋腫を認めた。
 症例3、近医の親しいドクターから依頼された。前回不全流産で某女医さんに手術してもらったという。詳細は不明。今回も中絶したいという。お産を勧めたが、中絶したいという。ラミナリアはこれまた入らない。1週間待ったら子宮が大きくなるはずだから、そこまで待ったほうが良いと話した。その患者さんは前の女医さんに、この考え方で良いのかと聞きに行ったという。その女医さんは「ベテランのドクターだから任せなさい」と言われた。
 難しい症例だったが、なんとか極細ラミナリアを2本挿入して帰した。その日の午後仕事をしたと言うが、次の日の朝みるとラミナリアはなかった。相当身体を動かしたに違いない。これ以上続けたら感染の危険性があるので、へガールの拡張器を6番まで開き、細い胎盤鉗子で子宮内容除去を行った。
 超音波検査のない頃、双胎妊娠の中絶も難しかった。以上、非常に難しい症例だが、冷静沈着で自分の力を信じて行うしかなかった。

淵レディースクリニック
産科・婦人科・女性内科・性病科
堺区北三国ヶ丘町8―8―15 ディカビーネ2F(堺市駅前)
診察時間
9時~12時(月~土曜)
16時15分~19時(月・火・金曜)
TEL
072―233―8728


国防と神社 (6)

陸軍軍人を祀る神社 後編

大阪観光大学講師 久野 潤

 後編では、いよいよ乃木希典大将(以下「大将」)を取り上げたい。大将は日露戦争における旅順要塞攻略や、水師営の会見により「聖将」と讃えられ、明治天皇崩御直後に夫婦で殉死したのち、日本を代表する軍人として崇敬された。死後、阪谷芳郎東京市長を中心に中央乃木會が設立され、大正12年(1923)大将旧宅に隣接して大将および静子夫人を祀る乃木神社が創建された。社殿は昭和20年(1945)の東京大空襲で焼失したが、昭和37年に復興した。
 大正5年には大将の別邸(現・那須塩原市)敷地内、函館、そして明治天皇陵(現・京都市伏見区)の麓に、大正9年には大将の旧宅を復元した乃木記念館(現・下関市)の隣接地に、昭和8年には大将が初代師団長を務めた第十一師団営内の招魂社(現・善通寺市の香川縣護國神社)隣接地に、そして昭和9年には秩父御嶽神社(現・埼玉県飯能市)境内にそれぞれ乃木神社が創建されている。昭和10年には沙沙貴神社(現・滋賀県近江八幡市)権殿東之座に乃木大将が祀られた。以上は現在神職常駐の神社、あるいはその境内社となっているものであり、インターネット等でも容易に情報を見ることができる。主祭神である神社の数では、他の軍人の追随を許さない。
 しかしこれ以外にも新潟県加茂市(大正4年創建)、愛知県豊明市(大正6年)、富山市(大正14年)、大分県別府市(昭和4年)、そして大分県杵築市の八坂神社境内(大正15年)や北海道室蘭市の御傘山神社境内(昭和6年)に乃木神社が現存している。これらは現在神職が常駐せず、社殿が荒廃しているところもある。また、広島県尾道市に昭和7年創建された乃木神社のように、戦後社殿が撤去されて乃木大将の石像のみ現存する例もある。
 戦後は小説等で無能扱いされている大将についての評価、そして各地の乃木神社の現状は、戦前日本に対する歴史認識と軌を一にしているともいえよう。