次へ

第91回
堺溶接工業協会 総会

大阪府優良技能者表彰を受賞した梅田照義氏(右)に辻川正人理事長(左)から記念品が贈られた
大阪府優良技能者表彰を受賞した梅田照義氏(右)に辻川正人理事長(左)から記念品が贈られた
 産業の発展、地域経済の活性化及び溶接技術の向上・伝承を進める堺溶接工業協会の「第91回定時総会」がホテル・アゴーラ リージェンシー堺(堺区)で開催された。
 総会で辻川正人氏(大阪府立大学研究推進本部URAセンター 工博 教授 センター長)が理事長に再任された(3期目)。
 続いて開かれた懇親会で辻川理事長は「本年度も会員の皆様とともに、溶接技術の向上と伝承に取り組んでいきたい」と挨拶を行った。
 また、辻川理事長から大阪府優秀技能者表彰(「なにわの名工」・アーク溶接工)を受賞した梅田工業(堺市中区)の梅田照義社長に記念品が贈られた。梅田氏は電気・ガス溶接工として厚生労働省高度熟練技術者に認定され、特殊な材料や部位を施工できる業界の第一人者で数多くの表彰を受賞。約30年にわたり、講習会や工科高校での技術講習、少年院での技術指導など、多くの溶接技術者の育成に貢献している。
 梅田氏は「溶接技術を次の世代に継承する事が重要。指導する立場になっても、まだまだ学ぶことが多い。長年にわたりお世話になった協会への恩返しのつもりで今後も頑張っていきたい」と述べた。



(一回笑うと一日若くなる)」⑷
近畿大学社会学講師 小野田 隆

人生を笑って楽しく

 今場所で優勝し、トランプ大統領から優勝杯を手渡された力士、朝之山英樹(25歳)は、富山県生まれで、近畿大学の相撲部出身です。久々の優勝で近大すもう部の面々は大喜びです。私も近大で社会学の講義をしていましたので、朝潮以来の金星でとても嬉しいです。「フレーフレー頑張れ近大」と言いたい。中錫氏の近大節を一人で歌っています。近大のキャンパスの雰囲気も心なしか楽しそうです。

人生は楽しむためにある。
人は楽しむために生まれてきた。
身体が喜んでいることが大切です。

 楽しくなると身体も喜ぶ。この喜ぶ姿が人生です。
AI(人工知能)が改良されて、進歩して人間の代わりに多くの事ができるようになってきたが、まだまだ「楽しむ」ことはAIではできない。楽しむ事ができないのがAIと人間の違いです。
もしかすると、AIなどロボット(人造人間)は、楽しむという喜怒哀楽は永遠にできないだろうし、それが人間とロボットの唯一の違いになるであろう。
人は楽しむ時には身体の細胞が喜んでいる。身体が喜ぶことが長生きの人生につながります。
楽しむ時は幸せホルモンがでます、エンドルフィンという楽しみホルモンが分泌されて幸せになります。

笑うと楽しくなります。
 おかしくなくても独りで笑います。「ヒヒヒ、フフフ、ハハハ」、一人でおかしかったことを思い出して、無音で腹筋から笑って下さい。腹筋運動です。
 とにかく笑って若くなる。一回笑うと一日若くなる。楽しんで笑うことを心がけます。ワクワクでエンドルフィンが出ます。
 「心ワクワク、身体生き生き、頭スッキリ」と声に出して言います。三回繰り返します。
 人間の創意工夫と発明でAIができたが、人が生きる上での基本となる喜怒哀楽はAIではできない。一番根本的な楽しく生きることを人は継続していくし、楽しくが、子孫に命を繋ぐことになります。
 人生は楽しむためにある。人は楽しむために生きている。
 楽しく笑って生きることが自分の為であり、人の為でもあります。

 子供はワクワクと毎日楽しんでいます。子供時代を思い出して下さい。少しの事でも楽しんで笑います。子供たちは何にでも感激します、命輝く生き物の人間は楽しく生きる事が目標です。
 栄養と運動と休息が大切ですが、動物ですから動く物(モノ)です。
 楽しみながらの動きが重要です。楽しく動いて楽しんで生きましょう。
 「ワクワク ハハハ ハハハ!ワッハッハー」
 令和笑顔満開です。笑顔満開。
 これを知る者は、これを好むものに如かず、これを好むものはこれを楽しむものに如かず。
 (これを知っているより好きがいい、好きよりも楽しければもっといい)
 楽しく生きよう。楽しくないことは、努力が足らない。


S-Cube〈時代と共に歩む企業(124) 〉
果実ひと筋130年
 フルーツで心を豊かに

有限会社 千 総

「フルーツで豊かなライフスタイルを」
有田の木成完熟みかんマーマレード

「フルーツで豊かなライフスタイルを」
有田の木成完熟みかんマーマレード

青果物の加工食品の企画・開発、自社農園の管理・運営

1887年、大阪木津で「カネテ」の屋号で創業以来、四代130年以上にわたりフルーツの販売を続けてきたフルーツ業界のパイオニア。
 2004年にはオリジナルブランド「アトリエ コンフィチュール」を設立。老舗果物専門店ならではの、産地や品種を絞り込んだ厳選された素材、添加物を使わない製法にこだわったフルーツを素にした無添加ジャム、ビネガー、ゼリーなどの加工食品の企画開発・製造・販売をスタートさせた。
 また、添加物を使わない製法をはじめ、小ロットでの生産、持ち込み原料の加工ができるなどの点が高く評価され、OEM生産の依頼も増え続けている。その商品はフルーツに限らず、野菜、乳、お茶、花など幅広く、瓶詰、菓子、乳製品、ソース類の4つの製造認可を取得して商品開発を行なっっている。
 さらに、6年前から農業にも参入。六次産業化の体制を整えて栽培・加工・販売を通貫して行なっている。
 「食するだけがフルーツの魅力ではありません。今後、食品以外の商品開発やサービスなどの開発も進めていきたい。見た目にも華やかで美しく、機能性に富んだフルーツが持つ可能性を『くだもののある暮らし』として多くの方に身近に感じていただけるよう努めていきたい」

会社概要
有限会社 千総
代表取締役 西辻 宏道
堺市北区長曽根町130―42
さかい新事業創造センター
(S―Cube)121号
電話
072―247―7388
創業 1971年
資本金 800万円
従業員 18名
https//sen-sou.com/

自社加工商品 アトリエ コンフィチュール

自社加工商品 アトリエ コンフィチュール

S-Cube新規入居者募集中
㈱さかい新事業創造センター[S―Cube]は、新事業の創出に挑戦する起業家や中小企業を総合的に支援します。
第二創業に最適なオフィス50㎡も空室あり!!
その他、創業段階に合わせたお部屋もありますのでご相談下さい。
       (地下鉄 なかもず駅・南海電鉄 中百舌鳥駅すぐ)
問い合わせ TEL072―240―3775 http://www.s-cube.biz