次へ

 堺伝統産業会館のご案内

堺伝統産業会館
堺伝統産業会館
 堺伝統産業会館では堺刃物、堺線香、昆布、和菓子などの匠の逸品や地域の特産品を販売しています。
 季節にあわせた特集として、お彼岸用などに線香や和菓子、新生活におすすめの包丁や調理器具、春の新柄手ぬぐいコーナーなども予定しています。
 のし紙、ラッピング、詰め合せ用ギフトボックスなどのご進物対応や全国配送も承ります。企業向けには記念品や粗品などご予算やご要望にあわせたオーダー品もご用意できますので、お気軽にご相談ください。
 さらに堺伝統産品ギフトカタログではこれらの商品が購入できるほか、歴史・文化・観光など堺の情報が満載となっており、またネットショップ「イーモール堺」からもお買い求めいただけます。
 詳細やその他実演・展示などのイベントは、お問い合わせいただくかホームページをご覧ください。
【堺伝統産業会館】
所在地
〒590―0941
堺市堺区材木町西1丁1―30
最寄駅
阪堺線「妙国寺前」下車
開館時間 10時~17時
休館日
無休(年末年始を除く)
入館料 無料
お問い合わせ 代表
072―227―1001
ショップ「堺いち」
072―233―2211
ホームページ
https://www.sakaidensan.jp/
イーモール堺
https://www.emallsakai.com/
堺の匠の逸品が揃う「堺いち」
堺の匠の逸品が揃う「堺いち」

特殊詐欺の
被害防止に向けて
~協力事業者を募集中~

 特殊詐欺とは、「会ったこともない人と、対面せずに、電話などを使用して現金等を騙し取る詐欺」のことで、オレオレ詐欺、架空請求詐欺、還付金等詐欺といった振り込め詐欺や、それに類似した詐欺のことを指す。
 平成30年中の大阪府下の特殊詐欺認知件数(暫定値)は1,624件(前年より28件増加)、被害金額は約35億8,200万円に上る。堺市内の認知件数は120件で、被害金額は約2億9,600万円だった。
 堺市では、被害防止の一環として、講習を受講した事業者を「特殊詐欺被害防止協力事業者」として認定し、事業者に、業務の範囲内で被害防止活動を図ってもらう取組を、府内で初めて実施。随時、協力事業者を募集している。(問い合わせ先 市民協働課地域安全係 072―228―7405) 
 最近は、固定電話に、息子や百貨店、警察官、市役所職員等を騙って電話をかけ、言葉巧みにキャッシュカードを騙し取ろうとしたり、暗証番号を尋ねたりする「オレオレ詐欺」等が増加しているという。
 不審な電話があれば、最寄りの警察署
(堺署 072―223―1234、北堺署 072―250―1234、西堺署 072―274―1234、南堺署 072―291―1234、黒山署 072―362―1234)に相談を。


堺市博物館

 江戸時代の堺は、戎島や鎰町に芝居小屋が置かれ、町なかに広い境内地をもっていた菅原神社、開口神社、宿院でも各種の興行が行われた。企画展「堺と芝居―興行の場とゆかりの人々―」では、二代目中村富十郎や、江戸時代の芝居が行われた場所や演目に関する資料を中心に、江戸時代から近代にかけて堺で行われた様々な興行についても紹介する。さらに、曾我廼家五郎、高三隆達、食満南北など堺にゆかりの芸能・演劇人に関する資料も展示される。
 3月30日㈯から5月12日㈰まで。
堺市博物館
堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁
大仙公園内
電話
072―245―6201
9時30分~17時15分(入館は16時30分まで)
月曜休館(祝・休日は開館)
ハローミュージアム
(24時間展覧会等案内)
電話
072―244―9898


第10回 全国なぎなた交流大会

 一般財団法人堺市なぎなた連盟(加藤利子会長)が主催する「第10回全国なぎなた交流大会」が1月27日、堺市立大浜体育館で開催された。
 全国から集った剣士たちにより各部門で熱戦が繰り広げられた。各部門の成績は次のとおり。
▽基本の部 優勝 大木美依(弥富市なぎなた連盟)、2位 新井日実(京都なぎなた連盟)、3位 梶山心喩(岐阜県なぎなた連盟)▽演技の部 優勝 山口楓加・太田裕美(弥富市なぎなた連盟)、2位 新井日和・貫井みさき(京都なぎなた連盟)、3位 岡崎桜人・櫨 規代美(愛知県なぎなた連盟)▽男子個人の部 優勝 仲原壮汰(弥富市なぎなた連盟)、2位 枡本 新(新潟県なぎなた連盟)、3位 野村樹輝(弥富市なぎなた連盟)▽女子個人の部 優勝 長井咲樹(香川県なぎなた連盟)、2位 堀川愛莉(満濃なぎなたスポーツ少年団)、3位 堀 あゆみ(弥富市なぎなた連盟)▽団体の部優勝 香川県なぎなた連盟、2位 藤井寺市剣道薙刀協会、3位 京都なぎなた連盟B

全国から剣士が集い、華麗な技が披露された
全国から剣士が集い、華麗な技が披露された


国防と神社⒀
装甲巡洋艦「出雲」の艦内神像

名城大学非常勤講師 久野 潤

 今回は久々に、個別の軍艦を取り上げる。現在「かが」と共に海上自衛隊最大の自衛艦である「いずも」の先代にあたるのが、装甲巡洋艦「出雲」である。明治33年(1900)に竣工し、日露戦争では第二艦隊旗艦として日本海海戦まで活躍。第一次世界大戦では第二特務艦隊で地中海に派遣され、戦後は練習艦として6回の遠洋航海に参加した。支那事変(日中戦争)でも第三艦隊旗艦、次いで支那方面艦隊旗艦として上海方面にあり、この「出雲」への中華民国空軍による爆撃が事変拡大の一因となった。終戦直前の昭和20年(1945)7月24日に呉軍港空襲で撃沈されたが、戦没するまで45年間現役で働き続けた功労艦である。
 さて、この「出雲」艦内には艦内神社ならぬ〝艦内神像〟が祀られていた。神像は、ヤマタノオロチなどの出雲神話で知られるスサノオノミコトの妻、クシナダヒメのもの。この神像は明治34年に島根県婦人会より、装甲巡洋艦「八雲」「出雲」に寄贈された。クシナダヒメは氷川神社(さいたま市大宮区など)や八坂神社(京都市東山区など)、そして出雲地方の各神社でスサノオノミコトと共に祀られている。
 「出雲」の艦内神像には、興味深いエピソードがある。日露戦争中、明治37年8月14日の蔚山沖海戦は日本側第二艦隊の勝利に終わったが、ウラジオストク艦隊の砲撃により「出雲」が神像を安置する将官室に被弾。室内はメチャクチャに破壊されたが、神像はまったく無事で、一緒に奉安していた千家尊紀出雲大社宮司寄贈の出雲大社写真も弾片でわずかに傷ついただけで済んだという。山本権兵衛海軍大臣(のち首相)の甥で第二艦隊参謀を務める山本英輔は、その様子を見て以下のように詠んだ。
出雲勝って 出雲も安かれ 出雲艦 出雲の神や 出雲守らん
 傷ついた写真は戦闘後に「出雲」より、神像の無事を奉告する書簡を同封して出雲大社に寄進される。艦を護ってほしいという単なる神頼みでなく、乗組員が自分たちより神様(あるいは神社が鎮座する地域)が無事だったことを喜び祝うというのはいかにも日本的ではなかろうか。


 

S-Cube〈時代と共に歩む企業 (120)〉

気軽に「和」を演出
ネットで海外にも畳を販売

株式会社TATAMISER代表取締役
淡路 光彦 氏

S―Cubeを拠点にする株式会社TATAMISERは「日本と世界で畳の暮らしをもっと広めたい」をコンセプトにした畳の会社。

 置き畳、花ござ、上敷き、イ草座布団などを販売。東京都内と大阪府近郊で畳工事(新調、表替え)も行なっている。
 ホームページでは、ユーザーの畳使用に関する事例を500以上掲載、随時追加紹介している。
 近年のDIYブームや、リフォームの増加でフローリングの部屋に使う置き畳の需要が増えているという。手軽にカスタマイズでき、一般的な畳店が作る畳に負けない、品質の高い畳を提供していると高く評価されている。
 海外に向けた販売サイト「TOKYO TATAMIMAKER」を運営、世界中に畳を販売、2018年には約660万円の売り上げがあった。
 今年の1月には畳の材料を販売する「畳の材料どっとこむ」もオープン。家具や内装インテリアに使用し空間を個性的に演出する、一般にはあまり知られていない畳の材料を数多く紹介している。個人用にも小ロットからの販売を行う。豊富な色が選べる畳縁を使って手芸でカバンを作ったりと、様々な用途に畳の材料が利用されている。
 実家が畳の材料卸問屋を営む代表取締役の淡路氏は「堺から世界中のお客様とインターネットを通じて取り引きするのが楽しいです。20代の頃に思い描いていた『パソコンで仕事をしたい。世界を相手に商売をしてみたい』という夢が小さいながら実現していることに、毎日が充実しています」と話す。
国内サイト 和心本舗、琉球畳どっとこむ、上敷どっとこむ
海外サイト TOKYO
TATAMI MAKER、Amazon、ebay
「畳の材料どっとこむ」
https://tatami-Igusa.com

会社概要
株式会社TATAMISER
代表取締役 淡路 光彦
堺市北区長曽根町130―42
さかい新事業創造センター
(S―Cube)303号
TEL 072―275―6755
https://tatamiser.co.jp
創業 2015年
資本金 600万円

「和」の空間を演出する置き畳

「和」の空間を演出する置き畳
S-Cube新規入居者募集中!!
 ㈱さかい新事業創造センター[S-Cube]は、新事業の創出に挑戦する起業家や中小企業を総合的に支援します。
 オフィス棟(15㎡~50㎡)、ラボ棟(R&Dラボ30㎡~50㎡)(マルチラボ80㎡)、創業準備デスク、シェアードオフィスがあります。       (地下鉄 なかもず駅・南海電鉄 中百舌鳥駅すぐ)
問い合わせ TEL072-240-3775 http://www.s-cube.biz